« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

虎穴にいらずんば虎児を得ず

何事にも多少のリスクを負わないと大したことはできんということ。

まぁ、そんな事は誰でも知っていると思う。

では、虎児がその辺の草原に一匹すやすやと寝息をたてながら寝ていればどうだろう?

わざわざ虎穴に入らなくても良いのではないか!?そういう考え方があっても良いのではないか!?

一番してはいけないことしなければそれもありだと思うわけですよ。

別に、何かを伝えたいとかそんな事はいっさい関係なく感傷に浸っていた前文。。

本題
例大祭のレポってまだでしたよね。
初の東京イベントとあって少し興奮気味に挑んだ今回の例大祭。
今回の東京遠征で最も重要なのが従兄の存在。
この人の活躍が半端ではなかった。
何から報告しようか迷うが、まずは戦利品といこう。
20100314175815 20100314175714_3

まぁ、こんな感じ。これの内80%が友人のもの。
東方のオンリーイベントでは最大を誇る例大祭。流石に人の量もかなりあった。
人ごみが好きなほうではないが、こういったイベントにおける人のうねりとかはかなり好き!!
しかし、東方のイベントは早朝に並ぶとペナルティーがあるのでその日はかなり遅めに出た。しかし、出る瞬間にいきなり僕が雲子に行きたくなったので数分の出遅れ。。
この遅れが意外と大きく響いたのは会場についてから。
微妙な出遅れが命取りになってしまい残念。
今回は、友人のプランを優先したので速攻で壁に突入!今回の上海アリスはあまり興味なかったのでそれ以外壁サークルにまずは仕掛けた!
しかし、微妙な出遅れがここでも痛く響く。
売り切れの商品が所々に出だす。。まだ、諦めない。
茜屋突入ごエンジェルタイプに向かうがそこにサークルの影はなかった…「な、何!?」
売切れるには早すぎる。そんなはずはない!!しかし、HappyBirthdayの隣に空席のまま。即刻断念。このあとホームページでエンジェルタイプが締め切りに間に合わすことができなかった事実を知る。
その後、GP-キッズの早苗のぬいぐるみを標的に選ぶ。
とりあえず並ぶことには成功。しかし…ラスト5人ぐらいのところでぬいぐるみが売り切れ!…「な、なんて速さだ!?目で追うのがやっとだ!?」
上記の発言は例大祭当日の前日に行った東京レジャーランドの話しなければいけないので今回は控えておこう。
話は戻り例大祭。
その後は順調に収穫できた感じ。どこのサークルもかなりの量を用意していたようで壁に関しては難なくクリア。
そして島中。そこで友人が嘆く。
どうやら、「そんなに売れんだろう。」と予測していたサークルが今回は多く島中においては売り切れ続出という災難に友人は見舞われた。
僕は、そんなにオキニのサークルが多くなかったためにそのへんは救われた。
そして、東3に向かう。しかしそこは地獄でしかなかった。
グッズに目がない僕は誘惑に負けてしまいそうになりながらその場を出た。おそらくお金があれば10万でも軽く飛ばしていただろう。。早めに出て本当に良かったと今でも思う。
そして、総重量30kはあろうかという手荷物。友人が一人僕を置いてどっかに行った時は、本当に「どうしてやろうか…」と思ったぐらいの量だった。
そして、国際展示場前の駅まで行こうかと思ったその時。。僕はひらめいた!
「従兄は今日休みなはず!なら車で迎えにきてもらおうではないか!!」
友人の半信半疑な目を後目に早速従兄に電話。
もう自分の巧みな話術に死角はなかった。従兄からの迎えに来てもらえることになる!!
そんで、帰りにラーメン屋を二件回って帰宅。
その日は近くの風呂屋に行って疲れを癒し就寝。
次の日(最終日)は、東京観光。まぁそんな大した事はしてない。
一つ何かしたといえば…
あの最強の寿司屋「久兵衛」に行った事ぐらいかなwwwうにが本当に美味かった!!!!
そんな感じの東京遠征でした。
あっ、今回の東京遠征は従兄の家を自由に使いながらの遠征になったので宿泊費等はかからなかった。てか、飯代も最後の日以外は全部従兄に払ってもらった気がする。

  余談
え?ましろ色シンフォニー終わってませんが何か?
いや。いやいやいや。無理。やる時間ねー
いや本当に。
てか、あんま面白くないからしんどい。「バルドスカイ」以後やりたいゲーム出てこないよ…
つばす先生の絵は本当にすごいと思うけど…
三人まで終わっているんだが、ラスト一人がなかなか終わらないね。

てか、最近ゲーム買ってない。
いや本当に。

なんか、心を抉るようなゲーム出んかなーと思うわ。
クロシェットの最新作ぐらいかな~買う予定があるのは。。
コットンソフトも「ぐらたん」という題名に気を引かれん…

まぁ、もう朝なんで寝ますわ。。
では~

20100408053251

最後に証拠品www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »